« 異名 | トップページ | 後方から »

2012年6月14日 (木)

優駿記

競馬漫画読んだので感想を。ちょっと古いです。

Keibamanga4

優駿記
やまさき拓実/全2巻/1994年

実在の馬、人物とオリジナルのドラマをミックスしたストーリーを短編で区切ったヒューマンドラマ漫画。
ちょっとマイナーな馬からレガシーワールド、ミホノブルボンの調教師で有名ないまは亡き戸山調教師、競馬の神様大川慶次郎など。オールドファンには懐かしい作品です。ひとつひとつのストーリーに味があり、あまり古さを感じません。
ちなみに2008年にも新・優駿記が発売されています。




【送料無料】新・優駿記(1)

【送料無料】新・優駿記(1)
価格:1,500円(税込、送料別)

|

« 異名 | トップページ | 後方から »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/54957028

この記事へのトラックバック一覧です: 優駿記:

« 異名 | トップページ | 後方から »