« 黄色い声援 | トップページ | 優駿の門-アスミ-(4)感想 »

2012年9月22日 (土)

優駿の門-チャンプ-(3)感想

優駿の門-チャンプ-3巻を読んだので感想を。
読んだことない人ネタバレ注です。

優駿の門-チャンプ-
やまさき拓味/1~3巻(連載中)/2011年~

主人公は光優馬。そして優馬のパートナーはなんとあのボムクレイジーを父に持つチャンプ。このコンビがどんなクラッシックロードを歩むのかに注目。

前巻では、スプリングSでギリギリ3着に入り皐月賞の権利を得たチャンプ。

本巻ではほとんど皐月賞の実況となります。

チャンプはここまで、15戦走っている。まぁ地方馬ならそうでもないけど、中央でダービーを目指す馬のローテーションではないことは確か。

昔映画でも話題になったが、『シービスケット』 をなぞらえているのかとおもって、調べてみたら。

シービスケットは2歳時35戦5勝、3歳時23戦9勝と、使い詰のレベルが違った・・・。シービスケットは関係ないか・・・。



ちなみに皐月賞の結果は、漫画をご覧になってきたいと思います。

そして次はいよいよ日本ダービー。その前にまた何度かレースを使うようですが・・・。

無事是名馬。それがチャンプなのかもしれませんね。

次はまた半年後の発売か。もっと早くならんかねぇ・・・・。

 

|

« 黄色い声援 | トップページ | 優駿の門-アスミ-(4)感想 »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/55713861

この記事へのトラックバック一覧です: 優駿の門-チャンプ-(3)感想:

« 黄色い声援 | トップページ | 優駿の門-アスミ-(4)感想 »