« 優駿の門-チャンプ-(3)感想 | トップページ | 馬と騎手のアイコン(69) »

2012年9月22日 (土)

優駿の門-アスミ-(4)感想

優駿の門-アスミ-4巻を読んだので感想を。
読んだことない人ネタバレ注です。

優駿の門-アスミ-
原作:赤見千尋/作画:早川恵子/監修:やまさき拓味/1~4巻(連載中)/2010年~

主人公は地方の女性騎手黒崎アスミ。素質馬ネイルクイーンをパートナーに地方を席巻する。

素質を開花させたネイルクイーンは地方から中央への転籍となる。それに伴いアスミの手からネイルクイーンから離れようとする。

はたしてどうなるのやら。

その一方、4巻では女性騎手だけで行われるレディースジョッキーズカップにアスミは参加することとなる。(実際に行われるレディースジョッキーズシリーズは女性騎手不足のために2011年で休止となっている。)

ちなみに本巻では、同期の女性騎手と競うことになるわけだが、ストーリー上でちょっとドロッとしたような話がでてくる。これは、元騎手の赤見さんの経験なんだろうか?ちょっと気になる。

なんかレディースジョッキーズカップは横道にそれたようなかんじですが、次巻では、また本編に戻るのでしょーか。

     
     

|

« 優駿の門-チャンプ-(3)感想 | トップページ | 馬と騎手のアイコン(69) »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/55713946

この記事へのトラックバック一覧です: 優駿の門-アスミ-(4)感想:

« 優駿の門-チャンプ-(3)感想 | トップページ | 馬と騎手のアイコン(69) »