PR

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月22日 (土)

優駿の門-アスミ-(4)感想

優駿の門-アスミ-4巻を読んだので感想を。

読んだことない人ネタバレ注です。

優駿の門-アスミ-

原作:赤見千尋/作画:早川恵子/監修:やまさき拓味/1~4巻(連載中)/2010年~



主人公は地方の女性騎手黒崎アスミ。素質馬ネイルクイーンをパートナーに地方を席巻する。

素質を開花させたネイルクイーンは地方から中央への転籍となる。それに伴いアスミの手からネイルクイーンから離れようとする。



はたしてどうなるのやら。



その一方、4巻では女性騎手だけで行われるレディースジョッキーズカップにアスミは参加することとなる。(実際に行われるレディースジョッキーズシリーズは女性騎手不足のために2011年で休止となっている。)



ちなみに本巻では、同期の女性騎手と競うことになるわけだが、ストーリー上でちょっとドロッとしたような話がでてくる。これは、元騎手の赤見さんの経験なんだろうか?ちょっと気になる。



なんかレディースジョッキーズカップは横道にそれたようなかんじですが、次巻では、また本編に戻るのでしょーか。















     
     

優駿の門-チャンプ-(3)感想

優駿の門-チャンプ-3巻を読んだので感想を。

読んだことない人ネタバレ注です。

優駿の門-チャンプ-

やまさき拓味/1~3巻(連載中)/2011年~



主人公は光優馬。そして優馬のパートナーはなんとあのボムクレイジーを父に持つチャンプ。このコンビがどんなクラッシックロードを歩むのかに注目。

前巻では、スプリングSでギリギリ3着に入り皐月賞の権利を得たチャンプ。



本巻ではほとんど皐月賞の実況となります。



チャンプはここまで、15戦走っている。まぁ地方馬ならそうでもないけど、中央でダービーを目指す馬のローテーションではないことは確か。



昔映画でも話題になったが、『シービスケット』 をなぞらえているのかとおもって、調べてみたら。



シービスケットは2歳時35戦5勝、3歳時23戦9勝と、使い詰のレベルが違った・・・。シービスケットは関係ないか・・・。







ちなみに皐月賞の結果は、漫画をご覧になってきたいと思います。



そして次はいよいよ日本ダービー。その前にまた何度かレースを使うようですが・・・。



無事是名馬。それがチャンプなのかもしれませんね。



次はまた半年後の発売か。もっと早くならんかねぇ・・・・。










 

2012年9月16日 (日)

久々にチャンピオンジョッキーをプレイ

三連休だったので、久々に競馬ゲームがやりたくなったので、チャンピオンジョッキーを引っ張り出してきた。


実は買ってしばらくして、G1ジョッキー2008と全く感覚が違って、


全然勝てなくて投げ出してたのですが、起動と同時にアップデート。


投げ出した時からのストーリーモードから再スタート。


あれ、なんか乗りやすくなってる?普通に頑張れば勝てる?


という、具合に。


前にやった時は、意味不明の大失速に、意味不明のスタミナ切れ、意味不明の好スタート出遅れ?


など、意味不明のオンパレードだったのに、感覚的にやりやすくなっていた。


G1ジョッキーではエクストラでも年間普通に300勝くらいできるくらいやりこんでいたので


新作が全く自分の指やレース勘の違いに愕然としたけど、これなら遊べそう。


この連休をきっかけにしばらくはまりそうです。


まぁ調べてないからわからないけど、アップデートがよかったのか


単に、間隔があけてたまたま操作がうまくできるようになったのは謎ですが・・・。

最近地方競馬のほうが楽しいから、


地方競馬も積極的に取り込んでチャンピオンジョッキー2を出してほしい。


たのみますコーエーさん!


2012年9月 1日 (土)

たいようのマキバオー(4)感想

たいようのマキバオー4巻を読んだので感想を。

読んだことない人ネタバレ注です。

たいようのマキバオーW

つの丸/1~4巻(連載中)/2011年~

フィールオーライの不慮のレース事故に責任を感じて落ち込むマキバオー。



その一方ライバルたちは、切磋琢磨しながら躍進を続ける。



そして、マキバオー復帰に向けて、ある人物が動き出す・・・。というのが、本巻の大まかなストーリー









実在のサラブレットがライバルの死を感じ取るかできるかどうかは謎ですが、



本当に、分かるのなら。。。と言った仮説が楽しめるのがマキバオーの魅力のひとつなのでしょう。



徐々に立ち直っていく姿は人間そのものですが、ちょっと引っ張りすぎかなーとも思ったりします。



長らくギャグシーンがないので、そろそろ立ち直ってマキバオーの微妙なギャグも真剣勝負の合間に見せてもらいたいものです。







最新話は以下で閲覧できます。

週プレNEWS


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

管理人プロフィール


  • 管理人:けろお
    競馬歴が無駄に長いだけのおっさんです。主に南関東競馬を予想。中穴、大穴を探し高配当ゲットを目指しています。



    ※競馬アカはフォロー返しします

フリー画像について

  • ■ご利用について
    フリー画像は管理人が画像ソフトを使ってオリジナルで制作したものです。ツイッターやミクシィなど馬好きをアピールするアイコンとしてご自由にご利用ください。ご利用に関する連絡は不要です。ただし、配布を目的として自分のサイトに転載するのは禁止させていただきます。
  • ■素材の利用方法
    画像の上で右クリックをしてサブウインドウを表示。画像に名前をつけて保存を選択してください。

参加中のブログランキング

  • にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ