« 宝箱のアイコン | トップページ | 宝箱のアイコン »

2013年5月27日 (月)

優駿の門-アスミ-(5)感想

優駿の門-アスミ-5巻を読んだので感想を。
読んだことない人ネタバレ注です。

優駿の門-アスミ-
原作:赤見千尋/作画:早川恵子/監修:やまさき拓味/1~5巻(連載中)/2010年~

主人公は地方の女性騎手黒崎アスミ。素質馬ネイルクイーンをパートナーに地方を席巻する。

中央に転籍したネイルクイーンは無敗のままオークスを制する。主人公アスミは愛馬に乗れない葛藤を乗り越え、影から応援しようとするが、都合よく手綱が戻ってくる・・・(さすが漫画ですねぇ・・・)

ちょっとキャラの描きわけというか、表情が似ているキャラが多いので見分けがつきにくい・・・。5巻になるけど、登場キャラが多いのもあっていまいちキャラが覚えられない。

まぁ。愚痴はそれくらいにして、5巻の最大の見せ場は、ピエタを始め優駿の門のキャラ(優馬除く)が続々登場することですね。

正直このコラボがあってこその、この優駿の門であったりすると思う訳です。しかし、ピエタと言えば、あの強豪を破った名馬。

そして舞台は天皇賞秋へ。ネイルクイーンVSピエタ。

無敗とはいえ、3歳牝馬がどのようなレースを見せてくれるのか見ものです。力関係だけを見れば、ピエタ圧勝なはずですが、その辺のパワーバランスをどのようにとってくるのかも、気になるところです。って、次巻はいつでるんだ?

     
     

|

« 宝箱のアイコン | トップページ | 宝箱のアイコン »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/57473365

この記事へのトラックバック一覧です: 優駿の門-アスミ-(5)感想:

« 宝箱のアイコン | トップページ | 宝箱のアイコン »