« 宝箱のアイコン | トップページ | 宝箱のアイコン »

2013年5月29日 (水)

竜蹄の門 2巻 感想

竜蹄鉄の門 2巻を読んだので感想を。
読んだことない人ネタバレ注です。

竜蹄の門
やまさき拓味/1~2巻(連載中)/2012年~

150年前に実在した名馬バタヴィアと侍ジョッキー光羈(ひかりたづな)の日本近代競馬史をテーマとした長い旅路の物語。

正直近代競馬と言ってもピンと来ませんねぇ。Wikiで調べてみると、江戸末期に日本最古の洋式競馬が行われたとあります。

この歳の様式競馬が行われたのが横浜で、2巻では舞台は横浜に移ろうとしておりますので、歴史と合致しますね。

ちなみにこの横浜の競馬場は、江戸幕府が建設したのだからなんか感慨深いものがあります。横浜の競馬場はのちに根岸競馬場となります。

中央競馬でも根岸ステークスっていう重賞がありますね。

さて、2巻では、バタヴィアを背にしたたづなが、家の都合で身売りした許嫁をおいかけて横浜に向かいます。

そして向かった先は競馬らしきものが催されております。

と、いろいろ唐突な展開が2巻でした。

もの別れした幼馴染とも、どのように邂逅していくかもきになるところですが、まずは許嫁をなんとか連れ戻してもらいたいものです。

ところで、単行本の帯を見て、これって三部作だったのか?どっかでストーリーがつながってくるのかね?ってそんなわけないか。


この漫画を楽しむのに、WIKIの競馬の歴史(日本)の項を是非ご参照ください。

 

ブログランキング投票よろしくです!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

|

« 宝箱のアイコン | トップページ | 宝箱のアイコン »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/57479863

この記事へのトラックバック一覧です: 竜蹄の門 2巻 感想:

« 宝箱のアイコン | トップページ | 宝箱のアイコン »