« トロフィーのフリー画像(2) | トップページ | 威嚇するパンダのアイコン »

2013年6月27日 (木)

たいようのマキバオー(7)感想

たいようのマキバオーW 7巻(2013/6/19発売)を読んだので感想を。
読んだことない人ネタバレ注です。

たいようのマキバオーW
つの丸/1~7巻(連載中)/2011年~
舞台は高知から地方代表、JRAそして世界へ!ライバルと切磋琢磨しながらマキバオーは果てなき頂点を目指す。

最新話は、週プレNewsで読めます。

7巻は東京大賞典から、高知県知事賞、川崎記念、フェブラリーSまでが取り上げられています。

東京大賞典から4日後くらいに、高知県知事賞に参戦するマキバオー。普通は東京から高知の輸送を考えればありえないローテーションですが、高知県知事賞は、高知競馬のグランプリレース。中央でいう有馬記念みたいなものです。

無理なローテーションでも間に高知県知事賞を挟むあたり、作者の高知競馬への心遣いなのでしょうか。それともあくまで高知競馬がベースということを忘れさせないためなのかはよくわかりません。

フェブラリーステークスでは、芝で使ってたファムファタールがなぜか参戦。マキバオーと同じレースで走るのはこれが初めてだっけ?あまり熱い展開にならず。

それより、この巻のメインは、前作のミドリマキバオーのその後の足跡が明かされるという事。まぁ詳しくは読んでいただければよいかと思いますが、ドバイでトレーナー兼競走馬として走った後、古傷をいわせて今はモンゴルにいるとか・・・。

なんか意味フな設定ですが、らしくていいのかもしれませんねぇ(笑

後半の展開はあきらかに世界を匂わす流れてなってきおります。
次巻は9月くらいの発売になるかな?




高知競馬はネット競馬でライブを見ながら楽天競馬などで100円から投票できるので、参加すればより世界観を楽しめるのかと思います。

     
     
     


|

« トロフィーのフリー画像(2) | トップページ | 威嚇するパンダのアイコン »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/57672643

この記事へのトラックバック一覧です: たいようのマキバオー(7)感想:

« トロフィーのフリー画像(2) | トップページ | 威嚇するパンダのアイコン »