« 予想回顧(7/6~7/7) | トップページ | がっかりするライオンのアイコン »

2013年7月 7日 (日)

トライアルライド 感想

TRIALRIDEを読んだので感想を。読んだことない人ネタバレ注です。

トライアルライド
原作:魚住青時/漫画:小林千恵子/2008年~2012年/全4巻
孤高の天才騎手だった経歴を持つ調教師に所属した新人騎手も同じ道をたどろうと、調教師からのトライアルをこなしていく。

正直4巻で終わってるし大したことないだろーって思って読みました。

1巻を読んだらいつの間にか話に引き込まれていました。で、2巻3巻4巻と一気に読みました。

話は、新人の騎手が元天才騎手であった調教師の元で、いくつかの試練を乗り越えて成長していくようなものですが、寡黙な主人公が結果を残していく姿は爽快です。

ただ、動かない馬を両手でムチ打って動かそうとするなど、無茶な設定もあります。

最終巻は駆け込みで無理やり終わらせたような感じなので、もっと続いていればな~と残念な作品でもあります。

   
   

|

« 予想回顧(7/6~7/7) | トップページ | がっかりするライオンのアイコン »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/57737488

この記事へのトラックバック一覧です: トライアルライド 感想:

« 予想回顧(7/6~7/7) | トップページ | がっかりするライオンのアイコン »