« きゃわいいどら猫のアイコン | トップページ | 函館記念(2) »

2013年7月11日 (木)

おってけ!3ハロン 感想

おってけ!3ハロンを読んだので感想を。

おってけ!3ハロン
松本ぷりっつ/2011年~/1~2巻(連載中)
実際のレースを背景に、擬人化された実在馬たちのコミカルな会話で絵が描かれるギャグ系の読み切り短編漫画。週刊ギャロップで連載。

作者の松本ぷりっつ氏は「うちの3姉妹」で有名な漫画家さんですね。

擬人化された馬たちのコミカルな会話がたのしい漫画です。その週開催のレースなどを巡って、擬人化された馬たちがお互いをけん制し合ったり、兄弟馬や同じ血統の馬たちが徒党を組んだりと、プッとなるようなネタが仕込まれております。

なかなかサラブレットの顔は見分け尽きにくいですが、サングラスやメガネ、帽子をかぶせたり、いろいろ書きわけに工夫しているのがいいですねぇ。

競馬ファンなら楽しめるネタも多いので、手に取ってみてもいいのではないでしょうか。

 

   

|

« きゃわいいどら猫のアイコン | トップページ | 函館記念(2) »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/57737528

この記事へのトラックバック一覧です: おってけ!3ハロン 感想:

« きゃわいいどら猫のアイコン | トップページ | 函館記念(2) »