« うさぎのアイコン | トップページ | うさぎのアイコン »

2013年9月27日 (金)

風のダドゥ いのちのひびき ~競馬映画/馬映画~

出演 木村文乃/榎木孝明/勝野洋
制作年 2006
制作国 日本
収録 95分
おすすめ ★★
備考 荒尾競馬/ホーステラピー

あらすじ

絶望を感じた少女は、とある牧場のそばで命を絶とうとするが、牧場のじいに見つけられ一命を取り留める。そこで、競走馬として走れなくなった馬と出会い、再び歩みだそうとする。

感想

短時間でいろいろ詰め込んでいるせいか、お涙ちょうだいっぽいストーリーではあるが、いろいろ矛盾点を感じ、なんとなく白けてしまう。
ラストの方で競走馬が故障し脚を骨折する。そして元調教をしていたという牧場長がもうだめだと、安楽死させようとする。しかし、少女などの行動によりなんとか命をつなぎとめようとする。競馬に詳しければ、いかに安楽死の判断が正しく、命を長らえさせるのが馬にとって苦痛であることがわかるはずだ。
さらに、この後、少女は親元に帰っていくことになるのだが、その後の馬の描写はない。
この当たりがちょっと適当だなーと思ったり。
一応感動ものではあるのだが、ことあるごとに手首にナイフをあて自殺しようとする少女には気持ち悪さしか感じない。

競馬について
競馬シーンは、ほんの一瞬。競走馬を引き取る時に荒尾競馬が写る。ストーリーの大筋は関係ない。

楽天レンタル

楽天レンタルで「風のダドゥ ~いのちのひびき~」を借りよう

通販


中古邦画DVD風のダドゥ 〜いのちのひびき〜

|

« うさぎのアイコン | トップページ | うさぎのアイコン »

競馬映画/馬映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/58206311

この記事へのトラックバック一覧です: 風のダドゥ いのちのひびき ~競馬映画/馬映画~:

« うさぎのアイコン | トップページ | うさぎのアイコン »