« 本命の立札のアイコン | トップページ | 対抗の立札のアイコン »

2013年11月13日 (水)

ウイナーズサークルへようこそ 4巻 感想

ウイナーズサークルへようこそ 4巻を読んだので感想を。多少のネタバレ注です。

ウイナーズサークルへようこそ 4 (ヤングジャンプコミックス)

ウイナーズサークルへようこそ
甲斐谷 忍/2012年~/1~4巻(連載中)

競馬を予想する集団、競馬サークルが中心となる競馬漫画。主人公は抜群のパドック眼で激走する馬を見抜くが、その能力を利用しようとするサークルメンバーなのであった。

現在サークルが行ってる予想スタイルは、下手くその買い方を参考にしたもので、なかなか普通の人が真似できるような買い方ではないが、考え方としては非常に面白い。

そのほかにも、多分調べたであろうデータとかが散在しているので、参考にならなくもない。

馬券ベタチェックは面白かった。下手くそなやつの特徴。全レース買う。最終レースで勝負など・・・当てはまりすぎワロタ。

本格競馬漫画も楽しいですが、外野から競馬を楽しむ目線はわれわれ一般時と同じなのでなかなか楽しいものです。

次巻も楽しみです。

 
   


|

« 本命の立札のアイコン | トップページ | 対抗の立札のアイコン »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/58570268

この記事へのトラックバック一覧です: ウイナーズサークルへようこそ 4巻 感想:

« 本命の立札のアイコン | トップページ | 対抗の立札のアイコン »