« 競走馬のアイコン/Twitter用 | トップページ | 優駿の門-チャンプ-(7)感想 »

2014年9月25日 (木)

優駿の門-アスミ-(7)感想

優駿の門-アスミ-7巻を読んだので感想を。
読んだことない人ネタバレ注です。

優駿の門-アスミ-
原作:赤見千尋/作画:早川恵子/監修:やまさき拓味/1~7巻(完)/2010年~2014年

主人公は地方の女性騎手黒崎アスミ。素質馬ネイルクイーンをパートナーに地方を席巻する。

7巻で完了です。
最初から最後まで主人公の影が薄かったなぁ~と。

高崎競馬廃止。
主人公の知人の落馬の原因が自分で、落ち込む→復活。
ネイルクイーンと再コンビ。

いろんなものを詰め込みすぎて一気に終了させた感じ。

1巻から思い返すと、キャラの個性が弱くて印象に残る人物がいない…。

7巻の表紙をみても、主人公アスミ以外名前も浮かばない・・・。


ブログランキング投票よろしくです!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

競馬漫画一覧

|

« 競走馬のアイコン/Twitter用 | トップページ | 優駿の門-チャンプ-(7)感想 »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/60375208

この記事へのトラックバック一覧です: 優駿の門-アスミ-(7)感想:

« 競走馬のアイコン/Twitter用 | トップページ | 優駿の門-チャンプ-(7)感想 »