« 優駿の門-アスミ-(7)感想 | トップページ | 競走馬のアイコン/Twitter用 »

2014年9月25日 (木)

優駿の門-チャンプ-(7)感想

優駿の門-チャンプ 7巻を読んだので感想を。
読んだことない人ネタバレ注です。

優駿の門-チャンプ-
やまさき拓味/1~7巻(連載中)/2011年~

主人公は光優馬。そして優馬のパートナーはなんとあのボムクレイジーを父に持つチャンプ。このコンビがどんなクラッシックロードを歩むのかに注目。

前巻では、チャンプを捨ててサデイスティックマンに騎乗することになった優馬。

そして、ばんえい競馬で、優駿の門G1で主人公だった駿と対決。

優馬 ばんえい競馬乗れるんかい!

で、チャンプは駿。サディスティックマンは優馬が乗って菊花賞で対決することに。


その前に、チャンプはセントライト記念、サディスティックマンはなぜかスプリンターズステークスをステップレースに。


以下、次巻。

なかなか面白いんじゃねーか。


ブログランキング投票よろしくです!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

競馬漫画一覧

|

« 優駿の門-アスミ-(7)感想 | トップページ | 競走馬のアイコン/Twitter用 »

競馬本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37529/60375216

この記事へのトラックバック一覧です: 優駿の門-チャンプ-(7)感想:

« 優駿の門-アスミ-(7)感想 | トップページ | 競走馬のアイコン/Twitter用 »